風俗嬢を指名するときは、店の人からアドバイスを貰おう

日本の性風俗の歴史は平安期に始まる・・?

日本の性風俗の歴史は平安期に始まる・・?現在の日本の性風俗は、様々な工夫を凝らしながら各種の数多くの業種があります。これは、日本の社会そのものが変化しながら、尚且つ、進化して行く中で、性風俗の文化や成立ちがそれに準じて進化して証拠でもあります。ところで、日本の性風俗の歴史というものは、文献からも平安期から鎌倉期にかけての、最も古い時代において、初めて性(セックス)を対象とした風俗的な職業として成り立ったとされております。たのは、ぐらいでありました。当時は神の儀式として、神社や神様に仕えていた巫女という女性がありました。この仕事の主なものは、神様から告げられたお告げの言葉を、世間や民衆に伝えるのが仕事でした。これは単に口伝てで伝えるばかりではなく、その他の役割としても神様に捧げる為の踊りや歌を披露したり、時には”オモテナシ”と称してと男性に性的な行為を行うと言った、いわゆる今で言うところの「セックス」を行うのでした。全国に散らばった巫女は、白拍子とも言われこの頃から物語にも登場することになります。特に有名なのが、平清盛の愛妾となった祇王(京都の祇王寺で有名)や仏御前、源義経の愛妾となった静御前等、貴族の屋敷に出入りすることも多かったため、見識の高い人が多くは歴史に名を残す白拍子もいました。普通の白拍子は、一般の地方で舞を舞う女性、唄を奏でる女ということで遊女とも言われ、やがて遊女の里は「遊郭」になったとも言われております。即ち、その古代から存在していた巫女から遊女、遊郭に変じたのが日本性風俗の発祥の源だったとも言われているのですね。

地元に風俗がなかったので

私は田舎に住んでいたので、地元に風俗がなく一度風俗に行ってみたいと思っていました。
しかし、そのためにわざわざ風俗のある場所まで出て行くのもさすがにないかなと考えていたので、いつも出会い系を利用して割り切り相手を探していたのです。
結局田舎なので出会い系といってもただでできる相手などいなくて、ろくなサービスもしないババア相手に金を払ってやるというのが私の性欲解消法でした。

そのため、風俗というのはどれだけサービスがいいのかといつも思っていたのですが、先日仕事の都合で東京に行くことになり風俗に行く良いチャンスだと思い、その日から風俗についての勉強を始めることにしたのです。
風俗の情報が集まれば集まるほど風俗に対する思いが募り、早くその日が来ないかなと思ったのです。
そして、いよいよ風俗に行く日が来て事前に調べた情報の元狙っていた店に連絡を入れ、指名したいと思っていた女の子がいることを確認して、予約をし行ってみる事にしたのです。
店を見つけたときには感激よりも興奮が上回り、駆け込むように店に入ってしまいました。
そして、指名した女の子が出てくると写真とはかなり違っていましたが、地元ではまず当たらないような可愛い子でそれだけでも満足していたのですが、サービスに関してもマグロの地元のババアとは違い積極的に攻めてくれるのが最高に気持ちよく、風俗ってこんな素晴らしいものなのかと思ったのでした。

関連サイトを見る

ピックアップコンテンツ

店の人からアドバイス

風俗を利用するためには、自分で情報収集が絶対に必要となります。ただ店を決めたのに指名する女性を決め…

置手紙でファミレス店員を風俗嬢にする

ブラブラと歩いて何気なく入ったファミレスの店員が美女だった。この女性をスカウトして風俗で働かせれば仲介料として、たんまりと金が貰える。…

質の高い女の子

風俗のお店でハズレを引きたくないと思っているなら、わりと簡単な方法があります。それは、できるだけ高級店を選ぶことです。…

意外な風俗店

コンセプトを他と変えている風俗店はかなり多くありますが、実際には意外とも言える風俗店があります。それがぽっちゃりな女性だけが入店してい…

ニュース一覧